末広保育園は、旧国道354号線(高林交差点)を南東に少し入った閑静な住宅街にあります。近くには運動会や散歩に欠かせない末広公園があり、春には桜の花が満開になります。園庭には、人工芝が一面に敷かれ、数多くの園児たちを見守りつづけている当園のシンボルツリー「センダンの木」があります。恵まれた環境の中、明るい子どもたちの元気な声が響き渡っています。
 この度、年間行事や月々の行事など、日々の子どもたちの様子をお伝えしたいと思い、ホームページをリニューアルいたしました。シンボルマークも新しく制定しましたのでご覧いただけますよう、よろしくお願いいたします。

園長 上村健一

当園は「みんなの笑顔が好きだから」をスローガンに、
当園の保育理念、保育方針、保育目標、保育内容のもと、日々愛情を
もって保育活動を実践しています。思いやりの気持ちや豊かな情操を
はぐくみ、子ども達の健康と安全を第一に。

「0歳からの安心保育」を実践しています。


◉保育理念

・生命を守り、安心して子ども一人ひとりが育ち合える環境を
大切にし、伸びようとする力、生きる力を育む

・保護者や地域から信頼され愛される園を目指す


◉保育方針

・心身の健康な発達を促し、豊な人間性・自立心・たくましく
生きる力をもった子どもを育成する


◉保育目標(基本方針)

1.生命を守り健康な身体をつくる。

2.園児の能力を伸ばし、根性のある子どもに育てる。

3.円満な社会性を身につけ、知的教育の指導をする。


◉保育内容

○健康で明るく行動する子どもに

○心情豊かで思いやりのある子どもに

○自分で考え、意欲的に行動できる子どもに

○友達と仲良く遊べる子どもに

○表現することに喜びを感じる子どもに


◉シンボルマーク制定

園庭の「せんだんの木」をモチーフにシンボライズしています。

四季折々の姿をみせてくれる当園のシンボルツリー「センダンの木」をモチーフにデザインしています。春には淡紫色の5弁の花が咲き、アゲハチョウが訪れたり、夏には梢にセミがとまり、小鳥もトンボも一休み。秋が深まりますと落葉とともに楕円形の小さな実を結びます。冬には小枝に雪がかすかに積もり、大空にはやさしく見つめる「太陽と月と星」が輝きます。そんな木の下で元気に遊ぶ子どもたちと音符で構成しています。また、子どもとご家族の笑顔があふれますように、センターには、いつもハートのやさしい風が吹いています。

※このシンボルマークは同時に「社会福祉法人あすなろ会」のあすなろの木もイメージしています。